ジスロマックのジェネリック、アジーとは

2019年09月29日

アジーとはジスロマックの後発医薬品、いわゆるジェネリックと呼ばれるお薬です。
後発医薬品とは、先発医薬品の特許が切れてから販売される薬のことで、一定期間が経過しなければ、先発医薬品の後発品を販売することは禁止されています。
ジスロマックの特許が切れたことで、登場したのがジェネリックのアジ―なのです。

ジスロマックもアジーも同じアジスロマイシンを主成分としており、同様の効果と安全性が確認されています。
ジェネリックは先発医薬品より薬価が低いため、効果がないのではないかと思い敬遠される人も多く、ジェネリックへの不信感があるのは事実です。

しかし、ジスロマックは数ある薬の中でも薬価が高めに設定されており、処方されると3割負担の人は薬代が高くなります。
ある程度の日数分が処方された場合には、結構な金額になり、驚く人もいるほどです。
同じ効果が期待できるのであれば、ジェネリックを使うのも賢い選択と言えます。

ジスロマックはマクロライド系の抗生物質で、病原菌のタンパク合成を阻止することで抗菌作用を発揮します。
皮膚感染症や呼吸器感染症、尿道炎に子宮頸管炎などの感染症治療のほか、歯科治療でも用いられます。
歯科医院で抜歯や膿を出す切開処置の後、症状が比較的重い場合に処方されることが多いのが特徴です。
骨盤内炎症性疾患についてはアジスロマイシン注射薬を使った治療も行われます。

ジスロマックの使用方法は通常1日1回、3日間毎日同じ時間に服用します。
3日間服用することで、抗生物質の効き目は1週間持続するところがジスロマックの最大の特徴です。
なぜこのような使用方法になっているかというと、抗生物質によっては、人によりお腹がゆるくなったり、吐き気がするなどの副作用が現れるケースが考えられます。
したがって1日3回、毎食後に服用する使用方法が守れない人がいるので、ジスロマックは1日1回の服用で良いため、胃腸の弱い人にも使用できるお薬なのです。

ジェネリック品アジーならではの特徴

アジ―はジスロマックと同じアジスロマイシンが主成分ですので、製造方法も先発品のジスロマックと変わりません。
ジェネリックだから製造方法が簡易で、副作用があるのではという心配は皆無です。
むしろ安価なアジーを処方箋薬局で調剤してもらうことで、お薬代がかなり安く抑えられるメリットがあります。
高価なジスロマックの方が効果が高くて、安価なアジ―は効果がないということはありません。
アジ―は確実に細菌を死滅させることが出来る、高い効果を持っていることはしっかりと実証されています。

医薬分業の法改正により、病院の窓口で診察代を払った上に、処方箋を持参した先の薬局でも高額な薬代が請求されることも多くなりました。
家族の多い人や、子供にかかる医療費を節約したい人にはぜひおすすめしたい使用方法です。

また、アジ―はペットにも使える抗生物質で、忙しい人や一人暮らしで動物病院になかなか連れていけない人が常備している薬でもあります。
しかしながら、ペットにも副作用が現れることが十分に考えられますので、動物病院を受診して服用させても良いかどうか相談してください。

アジ―は通信販売でも手軽に購入することが可能です。
ジスロマックを通信販売で購入すると、おおむね1箱2500円ほどかかりますが、アジーなら2000円程度になり500円の差が出てきます。
つまり、アジ―を安価に購入できれば、医療費削減につながるわけです。

主成分のアジスロマイシン含有量によって、250mg・500mg・1000mgの3種類があります。
まずは病院を受診し、その後自分の症状に合った含有量のアジ―を通信販売を利用して安価に購入することを検討するのも良いでしょう。

関連記事
妊婦はクラビットを服用することができる?

クラビットとは、細菌による感染症の治療に使用されるニューキノロン系の合成抗菌剤のことです。性器クラミジアの代表的な疾患である尿道炎・女性の子宮頸管炎などの感染症に有効とされています。薬の有効性は臨床試験できちんと確認されているので、安心して摂取する事が可能です。実は、クラビットなどのニューキノロン系

2019年10月24日
クラミジア治療に使えるジスロマックとは

ジスロマックはクラミジアの治療における第一選択薬です。基本的に一回の服用で治療を終えることができる薬で、完治するために必要な期間は3週間から4週間程度必要です。完治まで1ヶ月程度かかりますが、薬の効果の持続時間が長いため服用は一回で済みます。ジスロマックはマクロライド系に分類される抗生物質で、この系

2019年09月10日
クラビットの副作用とは

みなさんは「クラビット」という医薬品をご存知ですか。クラビットは医療機関で幅広く活躍している抗菌薬の一つなので、感染症にかかった際に実際に処方されたことがあるという方も多いのではないでしょうか。そんなさまざまな場面で広く活用されている抗菌薬の一つであるクラビットは、一般的に副作用が少ない薬として知ら

2019年08月21日
クラビットの症状別服用期間

クラビットは抗生物質(抗菌薬)の代表薬としてよく知られていて多くの感染症に対して有効だとされています。抗生物質は適応症が予め決められていて、これは薬が効果を発揮しやすい病気のことです。皮膚の感染から肺の感染までかなり幅広い感染症に対し効果があり、治療が出来る感染症は多数あります。ニューキノロン系抗生

2019年08月02日
クラビットのジェネリック薬、レボクインの効果

クラビットはナリジクス酸キノロン剤の開発からスタート、日本の第一三共によって作られたものです。先発薬として知られている商品で急性細菌性副鼻腔炎や肺炎、尿路感染症といったものの改善に使われています。抗生物質を併用すると結核の改善までできるので汎用性の高い商品となっているのが特徴です。すでにクラビットは

2019年07月17日
クラビットが淋病に効果的な理由

淋病とは、江戸時代には不治の病として多くの患者を苦しめて来た病気の一つです。感染経路は、病原となる感染箇所の粘膜に粘膜で接触してしまうと高い確率で感染してしまいます。しかしながら、淋病の感染菌はとても弱い菌で乾燥によってたちまち死滅してしまいます。また、温度にもとても弱く、温度が30度以下でも40度

2019年07月06日