個人輸入で薬を購入する方法

2020年01月07日

個人輸入で薬を購入することはインターネットが普及したことで、以前よりもずっと楽になりました。
販売元に直接、自ら発注をして送り先の住所まで届けてもらうことも手順さえ抑えてしまえばそれほど難しいものではありません。
日本語しかできなかったとしても、解説をしているサイトなどを利用して見よう見まねで個人輸入をするのは決してできないことはないのです。
しかし、いくら個人輸入が簡単になったからと言って実際に一から全て個人が行うのは、やはり簡単なものではありませんから、個人輸入で薬を購入使用となったときに現実的な方法となるのが、個人輸入代行業者を利用する方法です。
これは文字通り個人輸入をする際の手続きをすべて代行してくれるものであり、利用する側からすれば個人輸入の手続きを一度もしたことがなくても、簡単に手続きを済ませることができるので便利です。

仕組みとしては至って簡単で利用者は欲しい薬があれば代行業者に、商品や個数、住所などを伝えて代金を支払います。
代行業者は客から受けた注文をそのまま販売元に流して、客から受け取った代金で支払いをします。
注文自体は客から受け取ったものですから、商品はそのまま最初に注文した客のもとに届けられるという仕組みになっています。
このように代行業者は文字通り客の注文を代行しているだけの存在にしか過ぎず、直接販売に関わっているものではなく、形だけ見れば個人輸入と全く変わることがないのです。
代行業者を間に介すると業者の存在の分だけ手数料は発生してしまいますが、業者の手間といえば注文を取り次ぐだけで、商品を輸送したり保管をしたりと物理的にコストがかかっているわけではありません。
そのため、そこまで大きな手数料が発生するわけではないので、費用の負担を気にするほどではなく一人ですべての手続をするのは心配だという人は、安心料のつもりで個人輸入代行業者を利用すれば、安心して薬が手に入ります。

個人輸入で薬を購入する際の注意点

個人輸入で薬を購入するときに最も注意しておかなければならないことの一つとして、偽造品が届けられないかというものがあります。
日本で生活をしていれば、ほぼ偽造品に遭遇することはありませんが、海外ではごく普通に偽造品が出回っています。
正規品ではありませんから薬効は期待できないばかりか、逆に劣悪な環境で製造されたものは思わぬ副作用が引き起こされるだけに、注意しなければなりません。

注意しなければならないと言っても、偽造品は見た目でわかるわけではありませんから、実際に使用をして薬効が無いとなってようやく気づくことになるので、注意すべきは販売している業者の信頼や評判となります。
直接信頼できる販売元を探すことができるのであればそれが一番ですが、通常は個人輸入代行業者を利用することになるので、個人輸入代行業者の評判や信頼を確認するようにしましょう。
この場合、代行業者の信頼が即安心につながるものとなり、代行業者が信頼できなければ当然届けられる商品も信用することができなくなってしまいますし、商品が届くまでの過程でトラブルが起こってしまうこともあります。
信頼できる代行業者であれば、安全な商品を送り届けてくれる販売元に注文をしてくれるということになり、届けられる薬は本物である可能性が高くなりますから、安心と安全性が確認できる代行業者を探すことが何より大切なことになるのです。

薬を個人輸入するのであればリスクを避けることはできませんから、できる限りそのリスクを小さくするように気をつける必要があります。
注意点を抑えておかないと不測のトラブルに巻き込まれてしまう可能性が高くなってしまうので、最低限のことは知識として頭に入れておきましょう。

関連記事
クラビットに対する耐性菌が増えている理由

以前はクラミジアや淋病の第一選択薬として用いられてきたクラビットですが、耐性菌が増えているため近年薬が効かないという場面がでてきています。クラビットは様々な菌に対して有効な薬であるため幅広い病気の治療に使われていることが耐性菌が増えている理由です。感染症に対して抗生物質を使うと、菌は薬に対して耐性を

2019年12月01日
妊婦はクラビットを服用することができる?

クラビットとは、細菌による感染症の治療に使用されるニューキノロン系の合成抗菌剤のことです。性器クラミジアの代表的な疾患である尿道炎・女性の子宮頸管炎などの感染症に有効とされています。薬の有効性は臨床試験できちんと確認されているので、安心して摂取する事が可能です。実は、クラビットなどのニューキノロン系

2019年10月24日
ジスロマックのジェネリック、アジーとは

アジーとはジスロマックの後発医薬品、いわゆるジェネリックと呼ばれるお薬です。後発医薬品とは、先発医薬品の特許が切れてから販売される薬のことで、一定期間が経過しなければ、先発医薬品の後発品を販売することは禁止されています。ジスロマックの特許が切れたことで、登場したのがジェネリックのアジ―なのです。ジス

2019年09月29日
クラミジア治療に使えるジスロマックとは

ジスロマックはクラミジアの治療における第一選択薬です。基本的に一回の服用で治療を終えることができる薬で、完治するために必要な期間は3週間から4週間程度必要です。完治まで1ヶ月程度かかりますが、薬の効果の持続時間が長いため服用は一回で済みます。ジスロマックはマクロライド系に分類される抗生物質で、この系

2019年09月10日
クラビットの副作用とは

みなさんは「クラビット」という医薬品をご存知ですか。クラビットは医療機関で幅広く活躍している抗菌薬の一つなので、感染症にかかった際に実際に処方されたことがあるという方も多いのではないでしょうか。そんなさまざまな場面で広く活用されている抗菌薬の一つであるクラビットは、一般的に副作用が少ない薬として知ら

2019年08月21日
クラビットの症状別服用期間

クラビットは抗生物質(抗菌薬)の代表薬としてよく知られていて多くの感染症に対して有効だとされています。抗生物質は適応症が予め決められていて、これは薬が効果を発揮しやすい病気のことです。皮膚の感染から肺の感染までかなり幅広い感染症に対し効果があり、治療が出来る感染症は多数あります。ニューキノロン系抗生

2019年08月02日
クラビットのジェネリック薬、レボクインの効果

クラビットはナリジクス酸キノロン剤の開発からスタート、日本の第一三共によって作られたものです。先発薬として知られている商品で急性細菌性副鼻腔炎や肺炎、尿路感染症といったものの改善に使われています。抗生物質を併用すると結核の改善までできるので汎用性の高い商品となっているのが特徴です。すでにクラビットは

2019年07月17日
クラビットが淋病に効果的な理由

淋病とは、江戸時代には不治の病として多くの患者を苦しめて来た病気の一つです。感染経路は、病原となる感染箇所の粘膜に粘膜で接触してしまうと高い確率で感染してしまいます。しかしながら、淋病の感染菌はとても弱い菌で乾燥によってたちまち死滅してしまいます。また、温度にもとても弱く、温度が30度以下でも40度

2019年07月06日